So-net無料ブログ作成
ひとり言 ブログトップ
前の10件 | -

ブログを始めた頃 [ひとり言]

ここは今の所、別宅なのです。
いつか本宅になるやも知れません。
どうぞ本宅へいらっしゃいませ!!

こちら→http://telier.blog76.fc2.com/

ここのブログにも何かを記載しようと思うのだけど・・・・
なかなか進まないネェ~
本宅で精いっぱい。もう8年目に突入だよ。

毎日毎日更新するのはたまに負担になるけれど、
ブログがあるからちゃんと朝ご飯食べているって感じ(^^ゞ

最初は自分のブログを本にしていたりして読み返していたけど、
ちょっと価格が高くてもう3年分位溜まってるよ。

ブログ始めたころは、たくさんの人がブログしていて、たくさんの
コメントを貰ったし、リンクしてくださいという要望もたくさん頂いた。

でも、リンクして下さいと言ってきた人たちのリンク先を、今たどると
殆ど消えてしまっている・・・・・
消えてしまったサイトはリンクを外すようにしているけど・・・・・
リンクしてほしいと言ってきて、1週間以内に消えた人も数多いなぁ・・・
今いずこ??(^^;) ちょっと不誠実。

最初の訪問で、最初のコメントで「ブログ始めました、リンクお願いします」
というコメントしてきたブログは全滅。。。。(^^;)まぁ、やっぱりね~って感じ。

そう言えばひどい目にあった事があった。
わか○生活のブ○ーベリーアイのアイコンを張り付けて欲しいと
依頼があって、張り付けてあげた。

それから何年かしたら、そのアイコンを張り付けていた部分の
ブログがぜ~んぶ読めなくなってしまった。

わか○生活が契約先を変えたのか、そのリンク先のサイトが変わってしまっていて、
株式会社わか○生活にサイトを貸していた会社に自動的に飛んで行くようになってしまった。

アイコンをクリックしたらそこに飛んで行くのならまだ良いのだけど、そのページを開いた途端に
そのサイトの会社に飛んで行ってしまう様になっていて、、、、、

最初はどうして自分のサイトを表示しただけで、そこに飛んで行くのか全く判らなくて・・・・・
せっかく自分でコツコツ書いた記事を表示すると、読めずに他に飛んで行く・・・・
これって凄く悲しい。

そんな殺生な事ってあり得ない・・・・・
飛ばないページとどこが違うのか、いつからいつまで飛ぶのか探すだけでも大変。
記事をひとつひとつ確認するんだもの。

何とかして欲しいと、リンクを張って欲しいと言ってきた人にメールしけど、
メールはリターンしてきてしまった。
株式会社わか○生活にも2度程メールしたけど、返信が帰ってくる事はなく、
そのサイト管理会社にも何とかして欲しいとメールしたけど、なしのつぶて・・・・

ひどい話だ。リンクを張って欲しいというから、私のサイトを貸したのに。

結局、どちらの会社にもなんともして貰えず、自力で記事の修正を
数百ヶ所も。。。。。
この記事の修正はホントに面倒だった。

ブログを 始めて何年かは、本当にいろんなリンク依頼があって、
気軽にハイハイってリンクしていたから。。。。

きっと他のブログの管理人さんにもそんな事が起きているんじゃないかと思う。
何年か前、ブ○ーベリーアイのアイコンリンクを依頼された方は、確認してみては??

なんだか愚痴っぽくなってしまった(^^ゞ
ここらへんでやめとこ!!


ここは今の所、別宅なのです。
いつか本宅になるやも知れません。
どうぞ本宅へいらっしゃいませ!!

こちら→http://telier.blog76.fc2.com/

一日の食事の中で朝食に一番力が入っています。      

朝ちゃんと食べていれば一日安心な気がします

朝食には、肉類、魚類、野菜、卵類、豆類、海藻類、貝類、乳製品、脂肪、の9品目をしっかり取るように心がけています。きっかけは和田式ダイエットだったのですが、それ(2001年4月)以来ずっと続けています。

昼食と夕食はボロボロですが・・・(..;)聞かないで下さいませ・・・・



トリエルの朝食へ気軽にどうぞいらっしゃいませ♪

こちら→http://telier.blog76.fc2.com/


朝ご飯、食べに来て~♪

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オリンピック [ひとり言]

ここは今の所、別宅なのです。
いつか本宅になるやも知れません。

どうぞ本宅へいらっしゃいませ!!
こちら→http://telier.blog76.fc2.com/


ソチオリンピック、終わってしまいましたね。

今回はフィギュアスケートに猛烈に傾倒して応援してました。
きっかけは、やっぱり羽生君の「パリの散歩道」でしょう。

曲もホントに素敵な曲で、大好きだったサンタナのバラード曲にとても似た感じです。

そして何よりも、あの美しさです。ドキューン、ズキューンですね(^^ゞ

そして真央ちゃんのフリーも本当に素敵でした。
以前と少し雰囲気が違う様に思ったのですが、その理由が判りました。

ソチに向けて真央ちゃんはバレーを始めていたのですね。
氷上で、流れる様な動きの中で、とても優雅に舞う様にジャンプする姿は、本当に素敵でした。

真央ちゃんの、いえ、浅田選手の選手人生を表現しているそうですが、辛い事がいっぱいあったり、うれしい事もあって、、、、
そのひとつひとつがほんとうに伝わる様な素晴らしい舞でした。

昨日フジテレビの特番で真央ちゃんの事をやりました。
私たちは、たった数分の滑りと得点で、殆どの事を悟った様に評価してしまうけど、その陰には物凄い、半端ない努力と涙がある事がよく判りました。

そして、それをしているのが、まだ23歳の女の子。
そのほとんどが10代の時にしていた事。。。。

いつかネットで、「フィギュアのスケート選手なんか、氷の上で踊ってるだけ。
だから、アスリートなんて言えない」というコメントを見かけました。

真央ちゃんはもちろん、羽生選手も、高橋選手も、それは物凄い努力をして、あれが、アスリートでは無いというのなら、アスリートなんては居ないという事だ。。。。

どれだけの人があそこまで、頑張れるのか・・・・

オリンピックで戦った人々は、きっかけは、自分からオリンピックに出たいから、とか、出て金メダルを取りたいから、と、頑張って出るのかもしれない。

でも、そうであっても、日本の国民の多くがその人に期待をかけてメダルを取って欲しいと願っている。

選手の心の中には、自分の為だけではなく、自国にメダルを持ち帰りたい、期待に応えたいという思いが、きっと生まれている。

最近、「メダルを取れなかったひとにチヤホヤするな」というコメントが賛否両論の物議をかもしている。
要は結果だけなんだと。。。。。

その昔、オリンピックは参加する事に意義があると言われていた。
今はそうではなさそうな風潮。

メダルは取って欲しい。その為に一生懸命応援したい。
だけど、メダルが取れなくても、やはりその人の頑張りにエールを送りたい。

選手たちはもう、次の大会に向けて、行動を開始して、頑張っている。
そして大会でメダルを勝ち取って欲しい、他国には負けないで欲しいと、やっぱりどこかで願ってしまっている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「ありがとう」の言葉 [ひとり言]

ここは今の所、別宅なのです。
いつか本宅になるやも知れません。

どうぞ本宅へいらっしゃいませ!!
こちら→http://telier.blog76.fc2.com/




先日マンションのエレベータに乗った時、閉めようとしたら、足音がした。とても急いでいたけど15秒くらいドアを開けて待っていた。隣の旦那さんが乗って来たのだけど、開けて待っていた私に、首を亀のように振っただけだった。

そしてエントランスでは、ベビーカーに、荷物を山のように積んでいるヤンママが居た。子供はそばに立っていた、ベビーカーには荷物だけみたいだ。その内のひとつの荷物がポロリと落ちて、袋の中身が出てしまった。私は急いで拾って中身を入れて元あったベビーカーに乗せました。ヤンママはその時、管理人さんに何かを説明している感じで、ちらりとこちらを見て、やはり亀のように首を振りました。管理人さんと話し終わって、何も言わずに私を追い抜いて行きました。悲しいかな、その姿をそのヤンママの子供が見ていた。。。。。私、余計なことしたのかなぁ・・・・。

そのままウォーキングに出て、帰りの横断歩道での事。信号渡りきった所で、横の道から自転車に乗ったおじさんが、自転車の後ろの席に袋を山積みにして、ハンドルに袋をいっぱい提げて、やって来た。信号を渡りきった人達を避けようとしてちょっとよろけて、今買ってきたと思われる封筒の束を落とした。
駆け寄って拾ってあげたら「あ~、すみません」と言い、拾った物を手渡した時には「どうも、すみません」と、謝られました。「いいえ~」と言いながら歩いて去ると、しばらくしてそのおじさんが、自転車で追い抜きがてら「あ~、さっきはどうもすみませんでした」と言って通り過ぎて行きました。「すみません」と言うのがおじさんの「ありがとう」の気持ちなのでしょうね。その気持ちは伝わりました。

「ありがとう」と言うべき時に、みんなが「ありがとう」と言えれば、もっと気持ちよくなるのになぁ~とつくづく思うのです。
エレベーターが一緒になったら、「こんにちは」って言いあおうよ!と、いつも思うのです。






エスカレーター [ひとり言]

ここは今の所、別宅なのです。
いつか本宅になるやも知れません。

どうぞ本宅へいらっしゃいませ!!
こちら→http://telier.blog76.fc2.com/



今の時代、エスカレータの片側(関東は右、関西は左)を歩くのが当然の様になっています。いつからそうなっちゃったのかなぁ~
きっと地下鉄など凄く長~い階段は登るの大変だし、急ぐ人は歩きたくなってそんな風になって来たのだろうか・・・・・

でも、通勤時間の駅は仕方ないと思う事も多いのだが、商用施設などで、片側開けて一列に長い行列を作っているのは本当に不可解な光景です。。。。。
駅でも時々右には誰もいなくて、左側になが~い行列が出来ている光景をみかけます。

左手首を骨折した時、左側に立っても手すりを掴めず、右手には荷物を持っていて、荷物を持って居る側を人がワサワサ歩いて行くのは、怪我人にとってはとても怖かったです。

お年寄りでもそうだろうなぁ~と思います。
小さな子供を連れたお母さんは手を引けず、前後ろで乗っています。

デパートの多くは、「二列に並んでご利用ください。エスカレータ内は歩かないでください。」とちゃんと書いてあります。

駅にもそう書いてある所もあります。
東京駅では放送もしていました。(一定期間中だけだったのでしょうか?)
特に東京駅には旅行者などが多く、荷物を持っている場合が多いので、とても危険だと感じます。

歩くなとは言えないけど、老人子供、怪我人、荷物の多い人が居る時はもう少し気遣いが欲しいと思う。

例えば荷持つが多くて中央寄りに立っている人に、「すみません」とどけてまで歩くのはどんなものだろう・・・

エスカレータの片側歩行は賛否あるようですが、歩く側に立っている人を、非常識だとするのは納得できない気がします。

少なくともエスカレーター内は、立ち止っているより、歩行した方が危険が増す事は確かな事だと思うのです。

nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

セウォル号沈没 [ひとり言]

ここは今の所、別宅なのです。
いつか本宅になるやも知れません。

どうぞ本宅へいらっしゃいませ!!
朝食ブログは、こちら→http://telier.blog76.fc2.com/

---------------------------------------------------------

セウォル号が沈没した時の状況が、またひとつの動画によって明らかになった。
男子高校生が15分位撮影した映像が公開された。

撮影した男子高校生の部屋では、自主的に救命胴着を来て、一人の生徒が皆を纏めて居た。
ちゃんと準備万端整えて、男子高校生達は待っていた。

あの放送さえなければ、助かった高校生はもっと多かったのかも知れない。

動画中1分ごとに、その場から動かないでくださいと、8回も放送があった。

逃げた方がいいのでは無いかと思い始めると、動かないでと放送がある。
その動画が途切れたちょうどその頃に船長は脱出していたという。

でも、動画が撮影されている部屋は浸水していなくて、高校生たちは状況が判らずに不安を抱いて放送の通り待機していた。

事故状況解明に役立ててほしいと父親が提供した映像。。。。
この映像を家族はどんな思いで見たのか。。。。

唯一の救いはみんな一緒にいたという事だろうか。。。
死を覚悟した様な言葉を皆口にしていたが、本当に自分たちが死んでしまうという切羽詰まった感じはあまり伺えなかった。

「あっ、」と小さい声で動画は途絶えてしまった。

ホントに心が痛む。。。。
あの時、放送でちゃんと誘導されて居れば、もう少し助かった人が居たのではないか・・・・・。
あの時、日本や米国の救いの手を拒否しなければ、もう少し助かった人が居たのではないか・・・・・。
あの時、・・・と思う事があまりに多い・・・・

だが、それは全て後の祭りだ・・・
こういう事に「たられば」は無いのだ・・・・・・



日本の船でこのような事故にあったら、乗組員の指示に従うのがやはり一番良いそうだ。

まず、救命胴着をしっかり身につけて、指示が出たら集合場所に行く。(甲板に集合場所があるそうだ。)
救命胴着にはいろんな形があるらしいが、笛が付いているのもあり、海の中では人の助けてと言う声より、笛が一番効果的らしい。
動きにくくならない程度になるべく厚着をする。
ギリギリまで水に入らない。
海に入ったらそのまま上向きに浮いて、泳いだりしないで動かない。
周りに人が居れば、何人かと固まっている。

もし、チョコレートや水を持って居られるようであればポケットに入れて逃げる。だそうだ。

日本で船の事故にあっても客船の場合は訓練と乗船資格が厳しいそうで、セウォル号の様な事は「まず無いでしょう」とのこと。。だが、「絶対に」は無いので覚えておいた方がいい。

日本では過去5年間で事故は何件か起きているが、全員救助されているとのこと。
しかし、事故は起きているのだ。

問題は海外で船に乗る時。

自分の身は自分で守る。
それが基本と言う事だ。



nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の出来事 [ひとり言]

ここは今の所、別宅なのです。
本宅はこちら→http://telier.blog76.fc2.com/

--------------------------------------------------
今日は冷たい雨。とても寒いです。ミーティングの為いつもより早めに事務所に行きました。午後一番で義母のヘルパーさんやデイサービス方達との打ち合わせの為に義母の家に行きました。その帰りの事です。

道路の反対側に黒い服のおじいさんがうずくまっていました。一瞬ホームレスかな?と思いました。数歩行き過ぎて振り返ると、まだその場所に居るのですが、生まれたての子牛の様に立とうとしていて立てない感じだったのです。

道路に手を付いて、雨でぬれて役だたなくなったぐちゃぐちゃの紙袋と、そこに最初は入っていたと思われるお弁当と、袋入りの乾麺を握っていたのです。乾麺は少し袋が破れて地面に麺が散らかっていました。思わず駆け寄って「大丈夫ですか?」と聞いたら、「・・・・」そりゃ、大丈夫じゃないですよね・・・「何処に行きたいの?」と聞いたら家に帰る所だと言います。だけど、家が判らなくなってしまった。と・・・・

駅の近くの銀行のATMに来たようです。おじいさんが立ち往生したここは最寄りの駅から東に健脚で歩いて10分程度の所です。帰ろうと思って歩いてきたらしいのですが、家の住所を聞くと、ハガキを持っていて、そこに書いてある住所だと言いました。そこは、駅から北へ健脚で歩いて25分位の所。単純に考えても、ここから健脚で40分位はかかる。おじいさんの様子だといつ帰りつけるか判らない・・・よく歩いてきたなぁと・・・

こっちは方角が違うと伝え、一度駅に戻ろうかと促しました。そこへお巡りさんが2人自転車で通りかかりました。先に気付いたおじいさんは、お巡りさんを呼び止めて、道が判らなくなったと言いました。私も一緒にその時点で判った状況を伝えました。その間、私が持っていた紙袋の中身を直接パックに入れて、紙袋をあげたりしたのですが、おじいさんが傘を持っていなくて、結局紙袋はまた濡れてヨレヨレになってしまいました。傘を2本持っていたので1本貸したのですが、傘もうまくさせませんでした。

バッグを探したら、ビニールの風呂敷状のものがあったので、紙袋の代わりにこれで包んだらと、手ぶらで暇そうなお巡りさんに渡しました。お巡りさんはおじいさんの、持っていたものをそれで包んだのですが、最初に破れた濡れてびしょびしょの紙袋も一緒にしたので、あげた紙袋は更にびしょびしょに。
しかも、斜めに風呂敷を包む様にはせず、隣同士の角隅同士を結んだので、横からするりと物が抜けてしまいました。おじいさんは手には怪我をしていました。私はバンドエイドを持っていたのでそれをはりましたが、手より足の方が痛いみたいで、ちゃんと立てない状態です。大丈夫と言っている手の傷を見ても、転んだのかもしれません。

その間お巡りさん達は、そんな状態のおじいさんを見ても、パトカーを呼ぶでもなし、駅まで行けば、おじいさんの家の方への電車があるからそれに乗れと言っていました。おじいさんはお金を持っていなくて、300円しかないし、駅まで歩いては行けそうにないと言いました。お巡りさん達は300円あれば電車に乗れるから。と。

私はてっきりお巡りさんはパトカーを呼んで送ってくれるかと思ったのだけど、そんな事はしてくれないのですね。私はおじいさんとは面識がなく、通りすがりの者だとも言いました。でも、町を巡回していたこのお巡りさん達に、何かしてあげよう、あげたいという気持ちは何も感じられませんでした。駅まで歩けそうにないおじいさん、私は困ってしまいました。

でも、運よくそこにタクシーが通ったので、拾っておじいさんを送り届ける事が出来ました。いつもタクシーなんて見た事のない道です。ホント、ラッキーでした。そう言えば今日の星占い、ラッキーの1番でした。

降りる場所もマンションの前まで行かないと判らない状態でした。タクシーの運転手さんも一緒に場所を探してくれました。

大きな警察署のすぐ前のマンションでした。住所を確認したお巡りさん達なら、警察署の近くだと直ぐに判ったはずだし、おじいさんもそう言って居たのです。でも、そこに連絡してパトカーで迎えに来て貰えるように手配はして貰えないのですね。民間人が助けて欲しいと言っても、直ぐに命にかかわらなさそうだと何もしてくれない事が判り、かなりショックでした。命にかかわる事なら何かしてくれるのかどうかはその場になってみないと判らないですね。

タクシーでマンション前に着いて自分の家が見えて降りる時、おじいさんは「こんなにして貰ってありがとうございました。」と言い、振り向いて私を見て、他にも何か言いたそうにしていました。言葉が見つからなかったみたいで、ボソッと「こんな親切な人がまだ居たんだぁ・・・・」と呟いて降りて行きました。

たまたま私は、許す時間があったし、タクシー代は少しかかってしまったけど、私の出来そうな事だったので送って行けました。私にできる事なのに、お巡りさんは2人も居て、もう少し何か出来なかったのかな・・・

これから高齢者が増える中で、例えば、一人暮らしの義母がこんな風になった時、誰も助けてくれなかったらと思うと、怖いです。何かそういう仕組みは作れないのかな。私には、お巡りさん達の態度が、全く他人事で、拘わりたくないオーラ満載で、事務的にすら見えず、とても不親切に見えました。町を巡回しているお巡りさんに出来る事はホントに無かったのかな。。。。。

会社への帰り道、なんだかとても切なくなってしまいました。今日はその事が頭から離れず、あのまま私が通らなくても、きっと誰かが助けてくれていたと思うけど、最後に言ったおじいさんの一言、「こんな親切な人がまだ居たんだぁ・・・・」がトゲの様に心に突き刺さっています。


ねむの木学園 [ひとり言]

ここは今の所、別宅なのです。
いつか本宅になるやも知れません。

どうぞ本宅へいらっしゃいませ!!
こちら→http://telier.blog76.fc2.com/

--------------------------------------------------
宮城まり子さんがやっている、ねむの木学園の子供たちの作品展を見に行きました。障害のある子供たちの才能を引き出して、広い心で子供たちを受け止めて共に生きてきた宮城まり子さんは子供たちからおかあさんと呼ばれて慕われて居ます。子供たちの素晴らしい絵の数々。信じられないほどまっすぐに、心が絵に表れているのです。絵を描いた子供たち、、と言ってももう大人、、、が会場に来ていて、私達の為に歌を歌ってくれました。宮城まり子さんが手を振り指揮をしました。彼らは一心にまり子さんを見詰め一生懸命コーラスしてくれたのです。感動で涙があふれてしまいました。会場にいた全ての人々が感動していました。絵に描かれた世界の中に迷い込んで歌声を聴いている様な錯覚に陥りました。絵も歌も本当に素晴らしかったです。






「やさしくね、やさしくね、やさしいことはつよいのよ」
まり子さんの言葉ですが、10代の頃、私は本当の強さは優しさだと思っていました。
そして、優しくて強い人になりたいと心から思っていました。
今、私は優しくなれているのかな、、、強くなれているのかな、、、、
自信、無いなぁ・・・

なんだかなぁ [ひとり言]

ここは今の所、別宅なのです。
いつか本宅になるやも知れません。

どうぞ本宅へいらっしゃいませ!!
こちら→http://telier.blog76.fc2.com/

--------------------------------------------------
千葉などの河川敷の国有地に某国人がたくさん畑を作っているとか。。。

利根川の禁漁区で日本人が一生懸命増やそうしている鮭を不法に狩猟している某国人もたくさんいるとか。。。。他の外国人もいるらしいが、、、、
投網をかけていたのはその国の人らしい・・・


サンゴを根こそぎ盗んでいった国だ。

そんな人ばかりでは無いとは判っているが、、、、尖閣や沖縄を狙っている国だ・・・・

日本が虫食まれていく・・・と、そんな風にどうしても感じてしまう

なんだかなぁ・・・・

不法に作った畑を強制的には壊せないらしい・・・
強制撤去にはたくさんの手続きとお金がかかるらしい・・・・

国有地に小屋を建てたら、それを勝手に壊せないらしい。
誰かが壊したら壊した人が罰せられる??

なんだかなぁ・・・・

不法に作った畑にはその国の煙草の箱や種の袋が落ちていた。

川は農薬に汚染されていくらしい・・・・

なんだかなぁ・・・・




北海道もじわじわと浸食されている・・・ような・・・


なんだかなぁ・・・・・




なんだかなぁ・・・・ちょっと恐怖

和食・和菓子の名前 [ひとり言]

ここは今の所、別宅なのです。
どうぞ本宅へもいらっしゃいませ!!
こちら→http://telier.blog76.fc2.com/
--------------------------------------------------


東京都の語学ボランティアに参加してみました。
その中でヘルプガイドというのを貰いましたが、
食べ物の名前を書いたページがありました。

殆どが日本独特の食べ物名ですが、、、

例えば、こんな感じ

たこ焼き octopus balls
うどん wheat noodles
そば buckwheat noodles
もち  rice cake
たい焼き fish-shaped cake with red bean paste
羊かん jelly dessert with red bean paste
しゅうまい pork dumpling
餃子 pan-fride dumpling
お団子 sweet dumpling
茶碗蒸し Japanese steamed egg

これらをこの様な英語にするのは、なんだか納得できません。
あくまでもこれらは説明って感じです。

シュウマイ、餃子、お団子、全てがdumplingなんてのも
どうも納得できません。

他に Vocabulary List というのも配られ

茶碗蒸し salty pudding
だいふく a japanese sweet
どら焼き a pancake sandwich

茶碗蒸しにいたってはガイドブックとリストでは言い方が違います。
早い話、蒸し卵でもしょっぱいプリンでもいいって話です。
でも、茶碗蒸しはどちらでも無い・・・

大福がa japanese sweetって、和菓子は全部  japanese sweets
だと思うのですが。。。。

ねり切り、大福、どら焼き、羊羹、、、、etc.etc.それはそのまま
ねり切り、大福、どら焼き、羊羹でいいと思うのです。

だって、練り切りも大福もどら焼きも羊羹も私たちは常識の様にどんなものか
判っているけど、もしその名前も物も何も知らなくて、、この名前を聞いたら
それがどんなお菓子か判るでしようか?
だからと言って、その名前を例えば、パンケーキサンドウィッチと呼び変えた
りはしないと思います。へぇ~「どら焼きね~」って感じですよね。
どらを知っている人もいらない人も。

茶碗蒸しは茶碗蒸しでしょうって思うのです。
たこ焼き、もち、そば、うどん、団子・・・etc.etc.

みんなそのままの名前で外国の方に知ってもらうべきだと思います。
それは、こんな食べ物と説明に使えばいいと思うのです。

寿司はsushi、すき焼きはsukiyaki、これは随分昔からそう言われている。

それは昔の日本人が、自国の料理をそのままの名前で海外の人に
教えたからだと思うのです。

差し詰め今なら、Vinegar rice with fish とか、beef and vegetables baked and boiled
とか言うのかも・・・・

日本人の食文化を伝えるのに、そのままの呼び方で伝えるべきだと
私は切に思います。
その方が、外国の方も楽しいと思うのです。



まぁ、人それぞれ考え方があると思いますが・・・・
私はそう思うのです。

-----------------------------------------
これには続きがありました。
この様な感じに説明もできます。

との事でした(^-^)

是非自国の食べ物を自国の呼び方で広めたい、広めてほしいと
思う所です。

憂鬱 [ひとり言]

8月に入って雨ばかり・・・・
気温は低いけど、蒸します。

北はミサイル飛ばしたり、脅したり、子供の喧嘩のような言い合いしたり・・・・

南は国と国の約束は無かったかのように、バスにも少女像のレプリカを座わらせている・・・

世界中に像をバラまいて、声高々にいかに日本がひどい国かを叫び続けている。

戦後72年経ち、デモして居る人たちはどう見ても70歳以下。。。。

うんざり、うんざり、うんざり いい加減にしてほしい。

今日は終戦記念日




nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - ひとり言 ブログトップ